Flikiの利用プラン詳細:無料と有料、商用利用を理解する

AI

Flickrを利用する際に、無料プランと有料プランの違いや商用利用のポリシーについて理解している人は多くありません。これらの情報を知らずに活動すると、著作権の問題や利用制限に遭遇する可能性があります。

この記事では、Flickrの無料と有料プランの違いに加えて、商用利用に関するポリシーや注意点について詳しく解説します。また、商用利用を考える際に押さえておくべきポイントや成功事例なども紹介します。

Flickrの無料と有料プランの違いや商用利用のルールを理解し、安心して活動するための知識を得ることができます。また、商用利用を考える際に必要な手続きや注意点を知ることで、効果的な活動ができるようになります。

Flikiとは何か?

Flikiは、動画や音声を自動生成するAIサービスです。

Flikiの使い方はとても簡単です。ユーザーは、アイデアやブログ、PowerPoint、Tweetなどの内容を入力するだけで、Flikiがその情報を元に自動でナレーション付きの動画を作成します。

Flikiの特徴は、人間の手を加えずに素材を自動生成できることです。これにより、動画や音声の制作にかかる時間とコストを削減できます。また、Flikiは広告制作や教育、エンターテインメントなど様々な分野で活用できます。

Flikiの無料プランと有料プランの概要

機能無料ベーシックスタンダードプレミアム
動画作成
ウォーターマークの削除
動画の解像度720p1080p1080p
エクスポートの長さ5分15分15分25分
音声の種類400種類1000種類以上1000種類以上1000種類以上
利用可能時間5分120分(音声のみ)180分600分
ブログ記事から動画への変換制限あり
アイデアから動画への変換制限あり
PPTから動画への変換制限あり
翻訳機能
AIアート機能
発音マップ機能
シーンの制限数10個50個50個50個
商用利用権利
ボイスクローニング機能
超リアルなAI音声機能
APIアクセス機能
高速エクスポート機能

Flikiの無料プランの特徴

  • 月額料金は無料です。
  • 1か月に最大5分の動画を作成可能です。
  • 動画の解像度はHD(720p)です。
  • 動画の最大長は5分です。
  • 利用可能なAIボイスは限られています。
  • ブログ記事やツイートを動画に変換する機能は制限付きで利用可能です。

Flikiの有料プランの特徴

Basicプラン

  • 月額料金は8ドル、年間プランを選ぶと6ドルになります。
  • 月には最大120分の音声のみの動画を作成でき、解像度に制限はありません。
  • 動画の最大長は15分(音声のみ)です。
  • 利用できるAIボイスは多数あり、音声を75以上の言語に翻訳する機能も備わっています。

 Standardプラン

  • 月額料金は28ドルで、年間プランを選ぶと21ドルになります。
  • 1か月には最大180分の動画を作成可能で、解像度はFull HD(1080p)です。
  • プレミアムな画像、動画、音楽素材が利用できます。

Premiumプラン

  • 月額料金は88ドルです。年間プランを選ぶと66ドルになります。
  • 月に600分までの動画を作ることができます。
  • 月には最大600分の動画を作成でき、解像度はFull HD(1080p)です。
  • 動画の最大長は30分で、利用できるAIボイスも多数です。
  • 利用できるAIボイスは多いです。
  • ボイスクローニング、リアルなAIボイス、APIアクセスなどの機能が利用できます。

Flikiの商用利用における著作権とライセンス

Flikiを商業目的で利用するには、有料プランにアップグレードする必要があります。

Flikiのヘルプページによると、利用されている素材はすべて著作権フリーです。

出版権はコンテンツを作成したユーザーに帰属し、Flikiはいかなるコンテンツも所有しません。

提供されているストック画像やクリップアート、音楽はすべて著作権フリーです。したがって、有料プランを利用するユーザーはこれらを商用で自由に使用できます。

商用利用事例の紹介

【たった二つのAIツールChatGPT+fliki】視聴数千万回を超える人気動画の超簡単に作る方法!

まとめ:Flikiを使ってみた感想

以上、AI動画編集ツール「Fliki」の使い方について説明しました。

日本語に対応しているため、音声もとても自然で実用的だと感じました。テキストから自動でインサートやテロップ、さらにナレーションまで追加される機能は革新的だと思います。

通常、ナレーションはナレーターに外注して収録する必要がありますが、Flikiを使えばそれが不要になります。予算や作業労力の面で大幅に効率化されるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました